肝斑の基礎知識トップページ > 治療法の概要
治療

肝斑の治療法について

シミの一種といわれる肝斑。シミの治療法は、シミの原因であるメラニンや、メラニンを作り出すメラノサイトにはたらきかけることといわれています。たとえば、メラニンを含む細胞を破壊するレーザー治療や、皮膚のターンオーバーを促進させてメラニンの排出を促すケミカルピーリングなど。紫外線予防や美白ケアやビタミンCの補給なども重要です。

しかし、なかなか効果が感じられないような消えないシミには、肝斑の可能性があります。肝斑の場合、普段の紫外線ケアやビタミン補給を継続することはもちろんですが、それだけでは不十分です。肝斑には、内服薬によってカラダの内側から働きかける治療がもっとも効果的といわれています。

内服薬と塗り薬、手術

内服薬の場合、その有効成分は、血流にのって皮膚のすみずみまで届けられ、表皮の深い所にあるメラノサイトにより効果を発揮します。内服するものとしてはビタミンCとトラネキサム酸が比較的効果的で予防効果もあるようです。

この内服薬のほか、外用療法としては、アルブチン、甘草の油性抽出エキス(コラージュホワイトニングクリーム)、1%コウジ酸クリーム(ビオナチュール、フェスモ)が効果的ともいわれています。皮膚には、角層などのバリア機能があるため、外用薬は、バリアを通過してメラノサイトに到達します。

さらに、光治療、ケミカルピーリング、そしてビタミンC誘導体イオン導入、高周波での焼灼、液体窒素による冷凍凝固などが必要に応じて用いられます。

次へ > 塗り薬や手術

Copyright (C) 2007 肝斑(かんぱん)の基礎知識. All Rights Reserved.