肝斑の基礎知識トップページ > 肝斑とは?
肝斑,画像 肝斑,写真

肝斑とは?

肝斑(かんぱん)とは、いわゆるシミのことで、顔に淡褐色のシミ(斑)としてあらわれます。シミにもいろいろ種類がありますが、日本人の皮膚はこの肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれています。肝斑は30〜40歳以上の女性たちに多く見られます。

特徴としては、両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称性にある、地図のようにべったりとして見える、更年期、ピル内服中などに出現することがある、妊娠、出産時期に出現したまま改善しないなど。

妊娠時に現れる場合は、妊娠2〜3カ月ころから現れることが多く、次第に色が濃くなります。出産後には少しずつ消えていく場合もありますが、長期に持続する場合もあります。

女性ホルモンや紫外線、ストレスが関係

原因のひとつとして、女性ホルモンとの関連も指摘されています。また、紫外線にあたりやすい部位に症状が現れやすいという点と、実際に紫外線をあびることが症状の悪化と関連している場合が多いので、発症の原因として紫外線が重要であると考えられています。原因の中には、ストレスも関係しているのではともいわれています。

治療法としては、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服やコウジ酸、アルブチン、リノール酸などの美白剤の外用、またはケミカルピーリングが効果的といわれています。

ただし、いずれも即効性があるわけではなく、時間がかかることが多いようです。また、この肝斑は安易にレーザーで取ろうとすると悪化する可能性があるようなので、注意が必要です。

次へ > 症状について

Copyright (C) 2007 肝斑(かんぱん)の基礎知識. All Rights Reserved.