肝斑の基礎知識トップページ > 予防について
紫外線 寝不足

肝斑の予防について

30〜40歳代の女性に多い肝斑。左右対称にほほや額にシミが広がるという症状が特徴で、一番の原因は、妊娠やピルの服用との関係、つまり女性ホルモンが関係していると思われます。女性ホルモンのバランスを保つことが大事ではありますが、日常の中でもこの肝斑を防ぐための策はあります。

まず、すべてのシミ予防に関係がありますが、紫外線対策は必須です。なぜなら、肝斑の症状も紫外線で悪化するからです。屋外では帽子や日傘、サングラスなどで紫外線をカットしましょう。屋内でも紫外線の影響を受けますから、日焼け止めは、部屋にいるときに塗っても大げさということはありません。

治ったからといって油断は禁物

さらに、ストレスがかからない生活を送るようにすることも必要です。ストレスをはじめ、寝不足など不規則な生活により女性ホルモンのバランスが崩れると、肝斑の誘因になったり、発症後の場合なら悪化につながることも考えられます。

また、皮膚への過度の刺激もシミの原因や悪化につながります。もちろん肝斑の場合も例外ではありません。洗顔やフェイスマッサージなどで必要以上に激しくこすったり、余計な摩擦を与えないように注意しましょう。

内服液などで、肝斑のシミが治ったとしても、一度治ったからといって再発しないというものではありません。肝斑は、女性ホルモンやストレスが発症の原因であるといわれているので、再発する可能性はとてもあります。規則正しい生活を送ること、食事のバランスなどにも気をつけるとよいかもしれません。

次へ > やってはいけないこと

Copyright (C) 2007 肝斑(かんぱん)の基礎知識. All Rights Reserved.