肝斑の基礎知識トップページ > 女性ホルモンとの関係
女性ホルモン ピル

肝斑と女性ホルモン

30〜40歳代の女性に多い肝斑というシミ。目の周りを避け、左右対称にほほや額にシミが広がるという症状が見られます。肝斑の一番の原因については、妊娠やピルの服用との関係が指摘されることから、女性ホルモンのバランスが関係していると思われます。

女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの働きが大きく影響すると考えられています。この黄体ホルモンの主な働きは、子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決めて、もし妊娠した場合には、出産までの間、妊娠を維持させる役目を果たすことなどです。

また、血糖値を正常にしたり、体脂肪を減らしたり、利尿作用もあるほか、他のホルモンのバランスを調整する役目も持っています。

妊娠時やピルの服用

この黄体ホルモンのバランスが崩れると、肝斑が発症します。そのため、妊娠時に濃く肝斑があらわれたり、黄体ホルモンのバランスを変えてしまう経口避妊薬(ピル)を服用していると肝斑発症のきっかけとなったりします。さらに、50歳を過ぎていても更年期にピルを内服していると肝斑があらわれてくることもあります。

体の中のホルモンが原因とされているので、レーザーなどで外から治療するのは逆効果で、内服薬で体の内側から治療するとよいともいわれています。

バランスを整える働きもある女性ホルモンが関係しているため、50歳代後半あたり、閉経を過ぎる頃になると、シミが薄くなったりして自然に治ることも多いのが特徴です。

次へ > 紫外線に注意!

Copyright (C) 2007 肝斑(かんぱん)の基礎知識. All Rights Reserved.