肝斑の基礎知識トップページ > 症状について
症状

肝斑の症状について

肝斑はシミのことといわれていますが、このシミにも実はいろいろな種類があります。肝斑のほか、一般的に最も多いと考えられている、日光性黒子(老人性色素斑)という、紫外線が原因でおこるシミ。また、小さな斑点が広がるソバカスもシミの一種です。

シミの中でも日光性黒子が多いと思われていますが、30代以上の女性の中には、その症状から実は肝斑が多いケースも。シミといえば、形がはっきりしていて黒っぽく、点在しているものというイメージかもしれませんが、このようなタイプのシミは日光性黒子やソバカスなのです。

血色が悪いのは、実は肝斑だったというケースも

肝斑の症状は、とくに額、ほほ骨のあたり、口の周辺に左右対称に広がるように生じます。目の周囲にはできず、色が抜けたように見える点が特徴的です。このように、肝斑はほほに左右対称で広がるため、顔色全体に与える影響が大きくなります。

目の周囲にはできないせいもあって、不健康そうに見えるかもしれません。一般的に顔色が悪い場合、その原因に疲れや睡眠不足、低血圧や表皮のターンオーバーの不調によるメラニンの滞留、腎臓や肝臓の病気などがあげられますが、血色が悪いと思っていたのは、実は両ほほに広がる肝斑だったというケースもあります。

女性ホルモンのバランスが影響してできるともいわれ、30代、40代女性に多く見られる肝斑ですが、50歳代後半で新たに発症する人はほとんど見られません。また、逆に60歳代からは症状が治まることも多いともいわれています。

次へ > 様々な原因

Copyright (C) 2007 肝斑(かんぱん)の基礎知識. All Rights Reserved.