肝斑の基礎知識トップページ > 様々な原因
妊娠 紫外線 睡眠不足

肝斑の様々な原因

ほほ骨のあたりや、口の周辺に左右対称に広がるように生じるシミの一種、肝斑。30〜40歳代の年齢層の女性に多いといわれています。妊娠によって肝斑が発生したり、また、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあり、その原因は女性ホルモンのバランスなどに関係があるとされています。特に卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの関連が指摘されています。

このようなことからも、肝斑は体の内側に大きな原因があるシミと考えられています。ただし、紫外線と無関係というわけではありません。紫外線にあたりやすい部位に症状が現れ、ほかの種類のシミと同じように、発症の誘因となったり、症状を悪化させたりすることもあります。

紫外線対策は万全に行なっておいて損はないでしょう。また、日本人の皮膚は肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいという結果報告も出ています。

シミの原因メラニンとストレスの関係

このほか、肝斑ができる原因に、ストレスも関係していると考えられています。そもそも、シミの原因であるメラニンを作り出すのは表皮にあるメラノサイトという細胞ですが、メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。そのホルモンの分泌に大きく関わってくるのが、ストレスをはじめとする不規則な生活、睡眠不足などです。

肌のケアだけでなく、生活リズムを整えること、うまくリラックスすること、睡眠時間を十分に取るなど、ストレスをためないようにすることも重要です。

ちなみに、肝臓の肝という字が使われていますが、肝臓の病気が原因というわけではありません。

次へ > 肝斑の見分け方

Copyright (C) 2007 肝斑(かんぱん)の基礎知識. All Rights Reserved.